6/4(日)札幌市資料館で「見つけるシネマ」!「さとにきたらええやん」「解放区」を上映

札幌の自主上映グループ・キノマドが主催する上映会

「見つけるシネマvol.6」が6/4(日)、

札幌市資料館で開催されます。

〝映画で知る・考える釜ヶ崎。〟ということで、

大阪市西成区釜ヶ崎にある「こどもの里」に集う人たちを追う

「さとにきたらええやん」(​重江良樹監督)と、

sato_main_B5

日本最大のドヤ街、大阪市西成区に漂流する若者を描く

フェイクドキュメンタリー「解放区」(太田信吾監督)を上映。

2

「解放区」は札幌初上映です!

同じ街を描きながらも、まったく対照的というこの2作品。

同日上映は、地元では開催不可能とか。

この機会にぜひ足をお運びください。

詳しくはキノマドのサイト(こちら)へ。

コメントは受け付けていません。