「さっぽろ映画館グラフィティー 昭和の映画館」レポート!最終回

本日は、「北のシネマ塾~昼下がりトーク編」第2弾

「さっぽろ映画館グラフィティー① 昭和の映画館」

(2月18日、ミュージアム)のレポート最終回。

* * *

浦田/最後に、一番記憶に残っている3本の映画を紹介します。一本目は、小学生の時に観た「爆音」。少年飛行兵を、村中総出で迎える内容で、戦意高揚映画として作られたと思うんですが、印象に残っています。ミュージアムに来て、竹岡和田男さんの主宰した「さっぽろ映画塾」のラインアップにあって驚きました。  次は、戦争中に観た、溝口健二さんの「元禄忠臣蔵」。いわゆる、討ち入りのない忠臣蔵。当時、子どもの僕は討ち入りを期待しながら観ていたらなくて意外でしたけど、まるで記録映画のように松の廊下を原寸たがわず作っていて、日本文化の凄さをしみじみ見せられ、今も忘れることができません。

最後は、「忠臣蔵」。バンツマ(板東妻三郎)、片岡知恵蔵、アラカン(嵐寛寿郎)など、映画スターが総出演し、見事な内容で感動しました。それを観たのは、戦後すぐのこと。仇討の映画が禁止されていた当時、美登紀館の人に「今夜見せたいものあるからこい」と言われて、少人数でこっそり観たのです。あの時代背景の中で観る「忠臣蔵」は、「これが日本人だ」と感じさせ、まざまざと心に残っています。

(会場から拍手。続いて質問タイムへ)

観客/弁士はどのくらいいたのですか?

浦田/十数人はいたと思います。それも、時代劇、活劇など得意分野があって、色分けされていました。昭和10年ごろは、トーキーと弁士が混在していました。

和田/松田春水さんという有名な弁士さんが、70年代にSTVホールでバンツマの「雄呂血(おろち」と小津安二郎の作品をやったことがあって、感動したことを覚えています。

佐々木/弁士の〝その後〟を描いた佐々部清監督の「カーテンコール」という映画もあるので、ぜひご覧ください。

和田/映画館だけでなく、映画館に関わった人の話もこれからしたいですね。

* * *

以上です。

この毎月第3土曜日の「北のシネマ塾」。

「さっぽろ映画館グラフィティー」関連は以下の予定です。

4月21日(土) 「さっぽろ映画館グラフィティー② 黄金時代(昭和30年代)の映画館」

6月16日(土) 「さっぽろ映画館グラフィティー③ 熟成した昭和50年代の映画館」

※いずれも午後2時~入場無料。

ノスタルジックで新鮮な 札幌の映画館談義を

ぜひ一緒に楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。