「北のシネマ塾」第3回も無事終了!

本日は、ミュージアムイベント

「北のシネマ塾」昼下がりトーク編 第3回。

館長の小檜山博さんが、 原作「スコール」を担当した

映画「恋するトマト」(2005年、南部英夫監督) について語りました。

大地康雄さんが企画・脚本・ 製作総指揮・主演を務めたこの作品。

日本で農業を営む中年男性と フィリピン人女性の恋を描くラブストーリーです。

会場は、ほぼ満席!

小檜山さんは、 大地さんから原作を頼まれた経緯や

フィリピンでの取材旅行の様子などを振り返り、

映画シーンの意図などを解説。

副題でもあるタガログ語 「クマインカナバー (ご飯食べましたか?)」への想いを、

「昔は日本、北海道にもあった あいさつだが、高度経済成長で失われました。

それが、フィリピンに残っていることがすごいと感じたんです」

と、熱く語っていました。

また、原作では北海道だった舞台が、費用面などから本州になったことに触れ、

「無念だったけど仕方なかった」とお話されていました。

参加した農業関係者からの感想も出て、

映画を通じて、日本農業の現状や 課題について考える時間となりました。

さて、次回の「北のシネマ塾」第4回は…

4月21日(土) 「さっぽろ映画館グラフィティー②

黄金時代(昭和30年代)の映画館」

あの3人組による 楽しくて懐かしい映画館トーク。

たくさんのご参加をお待ちしています。

コメントは受け付けていません。