6月のシネマ塾レポート「乱れる」

毎月第3土曜日、ミュージアムで開催する

ミニベント「北のシネマ塾」。

6月17日は、高峰秀子主演「乱れる」

(1964年、成瀬巳喜男監督)をテーマに、

8

高村賢治副館長がトークを務めました。

5

高村副館長はまず、「メロドラマとサスペンスが合体した珍しい成瀬作品。男女が侵してはならない一線を越えるかどうか、がドラマとしての面白さ」と紹介。

前半は「高峰さんの演技に、加山雄三さんは応えきれていない」と厳しい批評をしたのに対し、「告白シーンからの後半は、成瀬監督の演出が素晴らしく、何度見てもいい」と絶賛!

10

特に、劇中に登場する「橋」や「着物」がどんな意味を持つのか、独自に分析したほか、「告白シーンは、照明の使い方や高峰さんの動きによって緊迫感が高まるよう、計算された演出が光る」と解説。

11

また、高峰さんの演技が「心の葛藤や乱れを、目や眉毛、口元で表現するなど見事!」と大絶賛。名演シーンを3つ選び、熱く語りました。

7

また、ロケ地となった温泉街も紹介。ほかの作品のロケ地も挙げ、「成瀬作品では、男女が愛を完成させるため温泉に行くシチュエーションが出てくる」と紹介。遺作となった「乱れ雲」をリアルタイムで見たときの思い出や、「この作品の加山さんの演技は素晴らしい。ぜひこちらも見てほしい」と語りました。

2

ご参加くださった方々、ありがとうございます。

次回は7/15(土)。

テーマは「流れる」です。ぜひどうぞ!

流れる

コメントは受け付けていません。