「森と湖のまつり」の貴重なロケスナップ資料

標茶・塘路湖を舞台に、アイヌ民族の青年の姿を描く

内田吐夢監督の大作「森と湖のまつり」(1958年)。

作品としてはもちろん、北海道史としても貴重な

この映画のスナップ資料が、先日ミュージアムに届きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お持ちくださったのは、岡山県に住む小田幸男さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実はこの映画に、幸男さんのお母様、

故・小田千代子さんがご出演されたそう!

遺品の中から発見し、「資料として活用してほしい」と、

北海道旅行の機会に、わざわざご持参くださったのです。

東映時代は「茜(あかね)・みやこ(漢字不明)」の芸名で

ご活動されていたというお母様。

小学生の時に亡くなったので、詳しくはわからないそうですが、

「アイヌの方から踊りを教わったり、北海道にいい思い出があって、

それを聞いた記憶があります」とのこと。

ページを開くと、美しい若き日のお母様が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

松竹時代には「宮幸子」の芸名で活動しており、

小津安二郎監督「東京暮色」にはクレジットにも登場するそう。

ちなみに、お母さまの父親(幸男さんの祖父)も映画人!

松竹蒲田のカメラマン・小田浜太郎さんで、

高峰秀子のデビュー作「母」も担当したそうです。

最近になって「森と湖のまつり」を見たという幸男さん。

お母様やお爺様が関わった作品と出会い、

改めて生前の2人について知ることもあるとか。

アルバムの写真の一部はデータ資料として譲り受け、

今後、上映会時の展示などで活用させていただくことに。

大切なアルバムはご本人に返却いたしました。

貴重な資料&お話をありがとうございました!

コメントは受け付けていません。