映写機から生まれる物語

今日の札幌は、雨とカミナリ。

一歩一歩、秋が深まるのを感じます。

本日のミュージアム担当はOさん。

理事であり、会計も担当。いつもニコニコ笑顔の方。

そして、もちろん、とっても映画好きの女性です。

さて、今日はミュージアムのシンボル、映写機をご紹介します。

これは、1976年に作られた35mm映写機。

富士セントラル製「F-120」というタイプだそうです。

高さは約2m、重さはなんと200kg!

近くで見るとなかなか迫力があり、

館内でひときわ存在感を放っています。

もとは、札幌厚別区の「サンピアザ劇場」で

2004年まで使われていましたが、

閉館に伴い処分されるところを、我々が譲り受けました。

この映写機、お客様によって反応がさまざまなのが面白いところ。

「この映写機は、キセノンランプの光をフィルムに透過させて投影する仕組みで…」

などと私が説明すると、

「へぇ~!」と驚く方、

「うんうん」とうなずく方、

中には「そんなこと知ってるよ(苦笑)」なんて方も。

後者の方に慌てて尋ねると、映画関係者だった

なんてこともしばしば(汗)。

そして、そんな会話をきっかけに、

それぞれが映写機にまつわる思い出話をお話しくださるのです。

もっと古いカーボン式映写機を扱ったという、元映写技師の方。

近所に映画館があって、

よく映写室に潜り込んだという方

(「ニュー・シネマ・パラダイス」みたい!)。

両親が映画館を経営していたという方。

サンピアザ劇場で映画を観て育ったという方。

たった1台の映写機が引き出すストーリー。

そのひとつひとつが嬉しくて、愛しくて、

ますます映画が好きになるのです。

コメントは受け付けていません。