「心に吹く風」の撮影秘話を、高間賢治カメラマンが語りました

美瑛などで撮影されたユン・ソクホ監督の「心に吹く風」が東京でも公開され、1日には、高間賢治撮影監督のトークが新宿武蔵野館で行われました。「心に吹く風」のホームページはこちら

高間撮影監督は、三谷幸喜監督の「ラヂオの時間」「みんなのいえ」、中江裕司監督の「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」をはじめ、2008年の日本映画ベスト1(個人の感想です)の金子修介監督「プライド」、増毛ロケの小林政広監督「春との旅」、札幌ロケの喜多一郎監督「鏡の中の笑顔たち」などを手がけたベテランです。

高間撮影監督は「映画のテーマは『偶然』、画面の中で風をどう表現するかがポイントでした」と述べ、撮影中は毎日、ユン・ソクホ監督が風の様子を見ながら撮影スケジュールをどんどん変えていったというエピソードを紹介し、「スケジュールを立てる助監督は大変だったと思うけど、僕らはいい条件で撮影したいので、監督に代わりに言ってもらえてありがたかった」。

image1

トークショーで「心に吹く風」の撮影秘話を披露する、高間賢治カメラマン

ユン監督の映像へのこだわりぶりも紹介し、一例として、さびたトタンがさまざまな色に変わった倉庫の壁に雨粒が落ちてくる印象的な場面を、「あれはユン監督が自分で撮影した映像があって、それをもとに同様のイメージで作ったもの」と明かしました。また、ユン監督はロケ地周辺をとても詳しく調べていて、「ロケハンに行くと、監督が道順を指示し、僕らが教えられていたくらい」。さらに、出演者の一人とさえ言える米国製のピックアップトラックのフロントガラスの映り込みにも、ユン監督はこだわりを見せ、「ガラスがきれいだと映り込みは出ないので、撮影後の処理でよく出るようにしました」と苦心の一端を紹介してくれました。

美瑛町や富良野市、東神楽町での撮影は3週間ほど行われ、監督やキャストはホテルに泊まり、スタッフは日帰り温泉施設の休憩室を借りて寝泊まりしたそうです。「撮影中は毎日朝からふろに入ってました。やっぱり温泉はいいですね」。

高間撮影監督は「映画の撮影はこうでなければならない、というカメラマンもいるけれど、僕はCMはドキュメンタリーもやってきたし、三谷幸喜さんや椎名誠さんといった異業種の監督との仕事も多いので柔軟に考えることができる方です。今回も監督のイメージした絵が撮れていれば満足です」と話し、職人としての一端を見せてくれました。北海道の美しい風景がとらえられた映画も、こうしたスタッフのすぐれた仕事があればこそ、と言えます。(理事。加藤敦)

コメントは受け付けていません。