7月のシネマ塾レポート「流れる」

ミュージアムを舞台にした毎月第3土曜日

午後のトークイベント「北のシネマ塾」。

今月7/15は、「流れる」(1956年、成瀬巳喜男監督)

03

をテーマに、安倍雄也理事が話しました。

02

芸者の置屋を舞台にしたこの作品。

女主人・つた奴(山田五十鈴)の娘を演じる

高峰秀子さんだけ洋服を着ていることに注目し、

監督の意図などを解説。

04

「個人的には、特に杉村春子さんが強烈!

大女優・栗島すみ子さん、田中絹代さん、

色気のある山田五十鈴さん…と、女優さんの演技合戦が

楽しめる凄い作品だと感じました」と熱弁を振るいました。

01

原作を読んだ感想を交え、映画との差異の楽しみ方や、

同じく芸者世界を描いた作品、

お手伝いさんが主人公の作品なども紹介。

お客様からも感想や意見が飛び出し、

楽しいひとときとなりました。

05

ご参加くださった方々、ありがとうございます!

さて次回は、8/19(土)午後2時から、

取り上げる作品は「遠い雲」です。

遠い雲

トーク担当は高村賢治副館長。

どうぞお楽しみに!

コメントは受け付けていません。