11月12、13日は芦別映画学校!

今日は曇り空の札幌です。

さて、「転校生」「時をかける少女(1983年版)」「さびしんぼう」の

“(広島県)尾道三部作”などで知られる 映画作家・大林宣彦さんが、

北海道の芦別市に 毎年訪れていることをご存知ですか?

市民で運営する 「星の降る里芦別映画学校」

の校長を務めているのです。

その映画学校が、 今年は11月12日(土)、13日(日)に開催されます!

この映画学校は、

大林さんと「ふるさと」や「まちづくり」について語り合い、

心の豊かさを感じ合う場として、1993年から開催。

映画上映やゲストを招いたトークショーのほか、

全国のアマチュアビデオ作家から作品を募る

「ふるさとビデオ大賞」というユニークな催しを行っています。

年のスケジュールは
12日(土)15:00~「ふるさとビデオ大賞2011」公開審査会
19:00~ウエルカムパーティー(会費2,000円)
13日(日)13:00~開校式
映画「青春デンデケデケデケ」
(入場料前売1,000円、当日1,500円、中学生以下無料)
ゲストトークショー

ちなみに、大林さんの北海道ロケ映画は、

1993年「はるか、ノスタルジィ」(小樽ロケ)

1998年「風の歌が聴きたい」(函館ロケ)、

「三毛猫ホームズの推理」(函館ロケ)の3作。

特に、「はるか~」は、 小樽の坂や運河、街並みが印象的なファンタジー。

小樽出身の山中恒さんの本が原作です。

ミュージアムにもその原作本があるので、

お手に取ってみてくださいね。

しかしそもそも、 なぜ、芦別市で、大林さんの映画学校?

その理由は、映画学校の公式HPにありました。 (「アーカイブス」をチェック)↓

http://www.hoshifuru.com/

なんでもそのきっかけは、 大林さんの映画に感動したある一人の青年。

彼の想いに共感した仲間が集まり、

このイベントが始まったのだそうです。

このミュージアムも、

「北海道に映像ミュージアムを作ろう」という

故・竹岡和田男さんの想いがつながり、いまに至ります。

時も、場所も異なる出来事ですが、

人の心を動かす映画のチカラを感じずにいられません。

コメントは受け付けていません。