開館6周年記念上映会「小林正樹の世界」の見どころ⑤~「この広い空のどこかに」は小林監督初期の代表作!

9/2(土)に開催する北の映像ミュージアム
開館6周年記念・シネマの風景特別上映会
「北海道が生んだ、映画界の至宝!小林正樹の世界」

CCI20170704_0000

その見どころをご紹介する記事第5弾。

●上映作品「この広い空のどこかに」は
小林正樹監督初期の代表作!

この広い空のどこかに©1954 松竹

この広い空のどこかに©1954 松竹

小林正樹監督の恩師・木下惠介の妹、楠田芳子の脚本に
松山善三が潤色し、完成させた本作。

実は当時、「壁あつき部屋」の公開中止と
「三つの愛」不評により、小林監督は映画界に絶望していたそう。

そんな彼を励まそうと、木下監督は、
自身が撮る予定でいた企画が流れ、スケジュールの空いた
佐田啓二、高峰秀子、久我美子、石濱朗ら
キャストを起用した本作の演出を、小林監督にゆだねることに。

公開当時の批評は
「何かほのぼのとした温かいものを感じさせる」(週刊サンケイ)
「清新なホームドラマ」(週刊読売)など好意的なものが多数。
小林監督初期の代表作とされています。

なかなか目にする機会の少ない本作を、ぜひスクリーンで!

上映プログラムは次の通り。

【午前の部】9:00開場
①9:30~ 映画「この広い空のどこかに」(111分)
②11:30~ トーク 関正喜「映画監督 小林正樹」(30分)
③12:00~ 映画「いのち・ぼうにふろう」(121分)

【午後の部】14:25開場
④14:50~ 映画「この広い空のどこかに」(111分)
⑤16:50~ トーク 関正喜「映画監督 小林正樹」(30分)
⑥17:20~ 映画「いのち・ぼうにふろう」(121分)

※チケットは前売り券1200円、当日1500円
(2本立、午前・午後の入れ替え制)。

チケットはミュージアム、道新プレイガイドにて発売中!

会場は狸小路5丁目の「札幌プラザ2・5」です! お間違いなく。

コメントは受け付けていません。