映画&新ドラマロケ地「ばんえい十勝」レポート!

お正月も始まったばかり。

まだミュージアムは休館中ですが、

帯広に帰省中ということで、本日、「ばんえい十勝」に行ってきました。

ここは、映画「雪に願うこと」 (2005年、根岸吉太郎監督)のロケ地。

そして、2月17・24日(金)に NHK総合(北海道地方)で放送予定の

「大地のファンファーレ」の撮影も行われた場所。

というわけで、ロケ地レポートをご紹介します。

まず、入場した途端、茶色のステキな建物がずらり。

ここは、11のショップが集まる「とかちむら」。

年中楽しめる観光拠点として2010年8月にオープンしたそう。

新鮮野菜やご当地グルメ、スイーツなどが楽しめます。

せっかくなので豚丼を注文。

店内でも、「大地のファンファーレ」のポスターを発見。

映画やテレビドラマなど、 映像を通じたPR効果への期待感が伝わります。

いよいよ、馬券売り場へ。

入ってすぐ目に入るのが、グッズ売り場やゲームコーナー。

映画ロケ時は、ガランとした寂しい感じでしたが、

今は観光地のように生まれ変わっています。

場内は人、人、人! 家族連れやカップルも多いことに驚き。

そんなこんなで、レースがスタート!

競争馬たちが一斉に走り出します。

といっても、ご存じの通り、

スピードは一般的な競馬とは比べ物になりません。

これは、鉄そりを曳く力と持久力を競うもの。

特に、2か所ある障害での駆け引きが見ものです。

「いけー!」「やれー!」 歓声を上げた人たちが、

馬を追いかけて 一斉に駆けていきます。

この、人馬一体となった独特の雰囲気がばんえい競馬の大きな魅力。

まるで映画のワンシーンのよう。

残念ながら馬券は外れましたが(笑)、

ちょっとした興奮を味わいました。

また、帰りに寄った「馬の資料館」もオススメ。

北海道開拓と馬の関わり、競馬の歴史や奥深さが

展示品からよく分かる場所でした。

「雪に願うこと」の脚本家・加藤正人さんが、インタビューで

「現場に行くたびに場面を書き足したくなる」

とおっしゃっていた気持ちが、 少しわかる気がしました。

「北海道遺産」にも認定された 世界でたった一つの「ばんえい競馬」。

映画をご覧になった方も、そうでない方も、

ここでしか見ることのできないレースをご体感ください。

また、「大地のファンファーレ」も、ぜひ。

公式サイトはこちら↓

http://www.nhk.or.jp/sapporo/drama/

ちなみに、この日はちょうど、 場内で出初式が行われていました。

今年一年、良い年になりますように。

コメントは受け付けていません。