帯広の市民映画館「CINEとかちプリンス劇場」リポート!

本日は、帯広出張。 ということで、

「CINEとかちプリンス劇場」をリポートいたします。

ここは、市民ボランティアでつくる

自主上映グループ「CINEとかち」 (昨秋にNPO法人化)

が老舗劇場を譲り受け、運営する映画館。

この建物は、なんと昭和28年に建設!

築59年の超レトロ物件なのです。

右側の入口から急な階段で2階へ。

階段の両側には、 ここを訪れた映画人のサインや写真があります。

 

階段の中段右手で、気になる絵を発見!

札幌の挿画家・椎名次郎さんの文&絵。

椎名さんはミュージアムにもご協力いただいている方。

映画を通じて、どこかでつながるんですね。

階段を上りきると、正面に受付&売店があります。

左手に細い通路&待合所が伸び、 その奥が劇場への入口です。

暖房のない通路は外気と同じくらい寒いですが、

手作り感のあるポスターやチラシコーナーに なんだか心が温まります。

この日は時間が合わず観れませんでしたが、

留萌・苫前ロケ「風車が見える丘のパズル」 を上映していました!

劇場内は、ほぼ以前の映画館のまま。

座席も、天井も、壁も、スクリーンも。

なんだか懐かしい趣があります。

ひざ掛けも用意。 心地よく観てもらうための、優しい工夫ですね。

場内には、これまでの掲載記事や

幕別・帯広ロケ「遠くの空に消えた」 (2007年、行定勲監督)

サイン入りポスターも。

今どき珍しいレトロな映画館。

残念なことに、建物の老朽化により 今年9月末で退去することに。

現在、街中での移転先を探しているのだそう。

地域に根差した小さな映画館の灯が

これからも続くよう、心から応援しています。

コメントは受け付けていません。