11月公開!東川ロケ「写真甲子園」特集①

木枯らしが吹き、雪が舞い始め、

日に日に冬へと近づいている北海道です。

そんな寒さを吹き飛ばす、

アツイ映画が11月、やってきます!

「写真甲子園 0.5秒の夏」

main

※公式サイトはこちら

11/11(土)北海道先行ロードショー、

11/18(土)全国順次公開です。

札幌出身の菅原浩志監督最新作ということで、

ミュージアムも絶賛応援中!

見どころをご紹介します。

* * *

映画「写真甲子園」の見どころ①
東川で24年続く「写真甲子園」待望の実写化!

写真甲子園

(C)シネボイス

映画のモチーフになる「写真甲子園」とは、

高校写真部の日本一を決める全国大会

「全国高等学校写真選手権大会」のこと。

1994年に始まり、2017年で24回目を迎えました。

名前は知っていた、という方もいると思いますが、

毎年、500校を超える応募数の中から、

初戦審査会→ブロック別審査会 を勝ち抜いた

わずか18校(原則)のみ(!)

が本選に出場できるのは、ご存知でしたか?

sub1

さらに、東川町での本選は3日間・3ステージで争われ、

ステージごとの作品テーマが与えられるそう。

もちろん、大会には厳しいルールもあり。

sub4

映画を観ると、

「写真の大会って、こんなに激しいんだ!」と

驚かれるかもしれません。

実際の審査委員長を務める立木義浩さんと

竹田津実さんの本気のコメントも臨場感タップリ。

sub7

どうぞお見逃しなく。

コメントは受け付けていません。