3.11に札幌で東日本大震災復興支援上映会

本日は、札幌で3月11日に行われる

東日本大震災復興支援を目的にした

チャリティー上映会のご紹介を。

題して、「3.11にみんなで観たい映画」

市内の映画好き社会人でつくる 任意団体「映画の空気」が主催。

代表の小笠原将士さんが昨日、ポスターとチラシを持ってきてくれました。

東日本大震災から一年のこの日、悲劇を忘れない、という前に、

どれだけのことを知っているのか、を 考えるために企画したのだそうです。

選りすぐりのドキュメンタリー5作品 (うち3作品は北海道初上映)と、

阪神・淡路大震災から15年目の一夜を描く

「その街のこども 劇場版」(2010年、井上剛監督)をラインアップ。

「被災者支援の現状とこれから」と題した講演もあり。

会場は札幌プラザ2・5。

詳細は公式HPへ

http://cinema-air.net/311/index.html

ちなみに、Cプログラムの 故郷が被災した冬季五輪出場選手にスポットを当てた

「雪海」(2011年)の大竹暁監督は、北海道ご出身だそう。

被災地から遠く離れた札幌で出来ることは何か。

そんなことを考えるきっかけに、きっとなると思います。

ミュージアムにもチラシを置いてますので、

お手に取ってみてください。

コメントは受け付けていません。