ゆうばり映画祭3日目レポート!

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」3日目の25日(土)。

夕張は曇り、時々雪。

この日は、ホワイトロックKIZUNA会場で行われた

シンポジウム「町を映画の力で再生させる」に参加。

東日本大震災被災地支援事業の一環で企画され、

東北ロケの作品に携わった映画人がパネリストとして登場。

左から、 札幌・北海道コンテンツ戦略機構

国際フィルムコミッショナーの井上俊彦さん、

「がんばっぺ フラガール~フクシマに生きる。

彼女たちのいま~」 の小林正樹監督、

シネマとうほく代表で、「エクレール お菓子放浪記」

ゼネラルプロデューサーの鳥居明夫さん、

「花ばあちゃん!!~わたしのヤマのカミサマ~」の

制作公開に携わる地域プロデューサーの日景賢悟さん、

鈴木直道夕張市長 です。

地域振興に映画が果たす役割や

地域映画の可能性などが語られました。

シンポジウム終了後、アディーレ会館入口で

審査員を務める女優の速水典子さんに遭遇。

ミュージアムの趣旨を説明し、 サインをゲット!

故・相米慎二監督の 「ラブホテル」(85年)に主演した速水さん。

相米監督の印象を尋ねたところ

「それは3日くらいかけないと語れないわね~(笑)」とのお返事。

「魚影の群れ」(83年)や「風花」(2001年)など、

北海道ロケも残した相米監督の思い出話。

いつか、じっくり伺えると嬉しいです。

その後、コンペ部門会場や

ホテルシューパロ会場などをウロウロしましたが、

うまく時間が合わず、あっという間に夕方に。

メイン会場前では、 恒例のストーブパーティーが準備中。

映画人も市民も一緒にストーブを囲む

ゆうばりならではの雰囲気を味わおうと続々人が集まっています。

私も楽しみたい!と思いつつ、

日本公開前の大作 「作者不詳(仮題)」

(2011年、ローランド・エメリッヒ監督)会場へ。

これは、 シェークスピア作品は別人が書いたのでは?

という大きな謎を背景に、

宮廷の愛憎劇と政治が絡み合う歴史ミステリー。

エリザベス時代のロンドンが見事に再現され、

当時の劇場の建物や雰囲気が目を引きました!

というわけで、3日目も終了。 ちなみに、会場で販売していた

映画祭限定「シネガーまん」は 寒い夜にオススメのピザまんでした。

コメントは受け付けていません。