JRタワー映画祭「デコちゃんと駅」 3月1日まで!

今日は月曜休館日。

ゆうばり映画祭も終わり、 米国アカデミー賞も発表となって、

いよいよ春が待ち遠しい札幌です。

さて、25日(月)から札幌駅の映画館 「札幌シネマフロンティア」

で開催中の 第6回JRタワー映画祭

「シネマと鉄道 デコちゃんと駅~高峰秀子を偲んで」

3日目の上映作品は、 「女が階段を上る時」

(1960年、成瀬巳喜男監督)。

言うまでもなく…良かったです!!!

スクリーン一杯に映し出される 高峰秀子さんが

美しく、哀しく、力強く。

共演の森雅之さん含め、

北海道ゆかりのスターが輝いていた時代を

嬉しく噛みしめたひとときでした。

19時~の上映もありますので、

時間のある方はぜひお見逃しなく。

また、JRタワー1階東コンコースでは

関連企画としてポスター展も開催中。

「高峰秀子と同世代の女優たち」と題し、

昔懐かしいポスターがずらり。

今見ると逆に新鮮で、ちょっとユニークなものもありました。

映画祭と同じ、3月1日(木)まで。 ぜひ、足をお運びください。

ちなみに、今後の上映スケジュールは以下の通り。

28日(火)「乱れる」 29日(水)「永遠の人」 3月1日(木)「浮雲」

詳細はこちらへ

http://www.jr-tower.com/info/8588/

函館が生んだ昭和の大女優を

ぜひスクリーンでご堪能ください。

コメントは受け付けていません。