2月の「北のシネマ塾」レポート「飢餓海峡」

2月17日(土)、ミュージアムのミニイベント

「北のシネマ塾」が開催されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は大作「飢餓海峡」(1965年、内田吐夢監督)がテーマ。

初参加者の方も含め約10人が集まりました。

残念ながら私・新目は途中退席したので、

トークを最後まで聞けませんでしたが、

トーク担当の小田島敏朗常務理事に事前に伺ったところ、

映画のモチーフとなる「洞爺丸台風」が、

いかに北海道の産業、歴史に爪痕を残したか。

また、彼独自の見方として、作品と満州のつながりを披露。

満洲映画協会理事長を務め、終戦直後、 服毒自殺した

(その場で内田吐夢監督が看取った)甘粕正彦と、

映画で三國連太郎演じる主人公・犬飼との

関連性を指摘したそう。

かなり刺激的なトークだったようで、

この日参加された方々はラッキーだったと思います!

改めて参加者の方々、ありがとうございました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて次回は・・・

3月17日(土)午後2時~、

「網走番外地 大雪原の対決」を紹介。

トーク担当者は、北海学園大教授の大石和久理事です。

どうぞお楽しみに!

コメントは受け付けていません。