今日から「映楽座2018」開催!

札幌市内の自主上映の話題が続きます。

本日を皮切りに、「映楽座2018」と銘打った

自主上映イベントが、札幌市内3ヶ所で開催されます。

1803_映楽座2018_omo

上映日時と会場、作品は次の通り。

▲6/8(金)~10(日)@札幌プラザ2・5
上映作品:『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『真白(ましろ)の恋』『古都』『娘よ/Dukhtar』『ペコロスの母に会いに行く』

1803_映楽座2018_ue

▲6/21(木)@手稲区民センター
上映作品:『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

▲6/30(土)@清田区民センター
上映作品:『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

※詳しいスケジュールや料金などは札幌映画サークルサイト(コチラ)へ。

“映画の素晴らしさと出会い、多くの人と楽しみたい”という思いから

シネマ 一馬力が主催する上映会。

特に、札幌初上映という「真白の恋」は、

富山出身の坂本欣弘監督による本格的な映画監督デビュー作。

『真白の恋』メイン

軽度の知的障がいのある主人公・真白(ましろ)の初恋を描く物語です。

以前、ミュージアムに富山出身の方がお見えになり、

ポスターを見つけて嬉しそうに話していたのを覚えています。

ちなみに、北海道出身の長谷川初範さんも出演されています。

※「真白の恋」の公式サイトはこちら

機会があれば、ぜひ劇場でご覧下さい!

コメントは受け付けていません。