新藤兼人監督追悼コーナーを設けました

5月29日、100歳で亡くなった

現役最高齢の映画監督、新藤兼人さん。

その生涯で手掛けた数多くの作品のうち、

北海道に関するものは、監督した

函館・網走ロケ「裸の十九歳」(70年)

函館ロケ「竹山ひとり旅」(77年)と、

脚本を担当した

夕張・歌志内ロケ「女ひとり大地を行く」(53年、亀井文夫監督)

釧路ロケ「配達されない三通の手紙」(79年、野村芳太郎監督)。

そんな新藤監督を偲ぶコーナーを設けました。

「女ひとり大地を行く」はミュージアムで視聴可。

どうぞご覧になってみてください。

コメントは受け付けていません。