高村賢治副館長が近美で講演!「映画が教えてくれる北海道〈産業の歴史〉」

北海道美術館協力会(通称・アルテピア)が主催する

「美術講座プレミアム」(会場:北海道近代美術館)。

11月1日行われた第4回に、

北の映像ミュージアム副館長の高村賢治が講師で登場!

DSC07465

「映画が教えてくれる北海道〈産業の歴史〉」と題して語りました。

参加者約130人には、オリジナルロケ地MAPをプレゼント!

DSC07460

このマップの裏にリストがありますが、

戦前から数えて450本以上という膨大な北海道ロケ作の中から、

高村副館長は「産業を映し出した作品」10本をピックアップ。

「石炭産業」なら「女ひとり大地を行く」、

「水産業」なら「北海の虎」などで、

それも今や失われた産業風景や、

その変遷が刻まれていることを伝えました。

DSC07490

特に、ロードムービー「幸福の黄色いハンカチ」は、

武田鉄矢さん演じる若者が辿った道のりを詳しく説明し、

「山田洋次監督は、道内に点在する北海道の産業スポットを

紹介する狙いがあったのでは」と持論を展開。

また、「網走番外地」シリーズをはじめ、

北海道ロケの名作に数多く出演している高倉健さんに触れ、

出演作が石炭産業、水産業、農業・酪農、林業と

幅広い分野をテーマにした映画に出演していることから、

「健さん出演作を見ると、北海道の産業の姿が

理解できるかもしれません」と語りました。

DSC07525

近年は「食」をテーマにした北海道ロケが誕生していること、

台湾・中国・韓国・タイなど近国の監督が

撮影するケースも増えたことなどを取り上げ、

「今後も私の知らない北海道の姿、

新しい作品と出会えることが楽しみです」とまとめました。

DSC07504

芸術の世界を様々な角度から探索するというこの講座。

総合芸術とされる映画の、身近な北海道との関わりを

感じることができたでしょうか。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。