小樽文学館で「守分寿男 全仕事」展開催中!3/31まで

HBC北海道放送のプロデューサーとして

数々の名作テレビドラマを世に送り出した

守分寿男さん(1934~2010)。

ミュージアムでも、ホテル内に開設していた

スペースに関連パネルを展示しておりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

彼の足跡をたどる企画展

「守分寿男 全仕事 『幻の町』・小樽・小林多喜二」が

市立小樽文学館で開催中です(~3/31まで)。

さっそく足を運びました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小樽駅から徒歩約10分。

文学館は小樽市分庁舎(旧小樽地方貯金局)2階にあり、

市立小樽美術館を併設しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

守分さんは、「風船のあがる時」「田園交響楽」

「ばんえい」「うちのホンカン」などを演出・プロデュース。

特に、脚本家・倉本聰さんと組み、小樽を舞台にした

「幻の町」は伝説的名作として語り継がれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2017年のさっぽろ国際芸術祭でも上映されたり、

一部はネットで有料配信(こちら)もされ始め、

近年、改めてその功績に光が当たっています。

企画展の展示(撮影禁止)では、台本やスチールなどのほか、

守分さんのエッセイからの引用を並べ、

北海道の独自性を追求するテレビマンの苦闘に迫ります。

守分さんの絵画もあり、画作りに対する彼の目線が感じられます。

なお、企画展コーナーの横には、小樽を代表する作家・

小林多喜二、伊藤整、石川啄木らの常設展示も。

(こちらは撮影OKだったのでご紹介します)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

企画展の関連イベントとして、

3/9(土)午後2時~「幻の町」特別上映会も予定。

長沼修さんがゲストに登場するそうです。(無料、定員80人)

また、今後の企画展スケジュールで嬉しいニュース!

4/6~5/19、「ちまちまキネマ・ワールド

―高山美香のビックリ映画館」を開催するそう!

あの“ちまちま人形”の映画版が…楽しみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※写真は常設展に展示中のもの

市立小樽文学館のサイトはこちら

帰り道、都通り商店街でこんなものを発見しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受け付けていません。