「北のシネマ塾」前期終了!

今日はミュージアムイベント

「北のシネマ塾」前期の最終日。

「さっぽろ映画館グラフィティー③

熟成した昭和50年代の映画館」でした。

映画館談義もシリーズ最後ということで、

学生さんも張り切ってお手伝いしてくれました。

さて、本番は・・・

映画斜陽期とされる70年代を中心に振り返る内容。

アメリカでの映画体験、

黒澤明監督や角川春樹さんとの思い出、

オールナイトで過ごした映画館の記憶・・・などなど

3人の個人的体験をふんだんに盛り込みつつ

映画館という「場」の大切さ、

愛おしさに思いを馳せる回となりました。

詳細は追ってご報告します。

まずはご参加くださった方々、

そしてスペシャルゲストの浦田久さんに感謝いたします!

7月以降の後期スケジュールは、あす発表!

お楽しみに。

コメントは受け付けていません。