夕張レポート②営業再開した「夕張市石炭博物館」

映画の街・夕張の写真レポート2回目は、

「夕張市石炭博物館」です。

DSC00526

ご存じの通り、4月に模擬坑道で火災が起きましたが、

その後鎮火し、6月に本館の営業を再開しました!

この石炭博物館は昨年4月にリニューアルオープン。

常設展示では、映像やグラフなど最新技術を取り入れ、

夕張の歴史や炭都で暮らした人々の息遣いを

見て、触れて、分かりやすく紹介しています。

DSC00565

DSC00571

DSC00589

DSC00594

DSC00598

さらに、空知の炭鉱、室蘭の鉄鋼、小樽の港湾と

それらを結ぶ鉄道の歴史や産業遺産を表す

「本邦国策を現地に観よ! 北の産業革命 炭鉄港」が

2019年度の日本遺産に見事選ばれ、

注目を集める関連施設でもあります。

1階の無料フロアでは、認定記念の企画展示中でした。

DSC00558

DSC00548

ちなみに、北海道の炭鉱を舞台にした映画といえば、

「女ひとり大地を行く」(1953年、亀井文夫監督)。

01

地下展示室では、マネキンを使ったジオラマで

石炭採掘の移り変わりを伝えています。

DSC00606

DSC00614

DSC00629

映画のシーンを彷彿とさせる展示も多く、

見応えたっぷりです。

残念ながらまだ模擬坑道は公開されていませんが、

「生きるに向き合う博物館」というコンセプト通り、

いま行くべき文化施設といえそうです。

公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。