行ってらっしゃい、加藤さん!

今日は2月の最終日。

本日、ミュージアムメンバーの一人が、

ここ札幌から遠軽へ旅立ちます。


北海道新聞記者の加藤敦さんです。

加藤さんは、文化部に移動となった

2002年9月からミュージアム活動に参加。

理事として、会報作成スタッフとして支え、

昨年9月のオープニング記念上映会では

入口で入場者数のカウント役を担当するなど、

忙しい中でも熱心に手伝ってくださる方。

映画館でバッタリ会ったこともあり、

そのクールな表情の奥に

アツい映画愛を秘めている方なのです。

転勤を機に、北海道でロケした作品の

プレス用パンフレットを寄贈してくださいました。


ありがとうございます!

「10年経った時に『シネマの風景』を出版できて良かったと思ったら、

ミュージアムがオープンすることになって、

進むときは進むんだナ…と実感した」と話していました。

ミュージアムでも販売中の「シネマの風景」では、

文庫本書き下ろしの「コタンの口笛」(59年、成瀬巳喜男監督)を担当。


ちなみに、最近の北海道ロケ作品でお気に入りは

「ハルフウェイ」(2009年、北川悦吏子監督)だそうです。

遠軽支局支局長としてのご活躍を祈念申し上げます!

そして、今後もどうぞよろしくお願いしますね。

コメントは受け付けていません。