「銀嶺の果て」は釧路ロケ?

本日は曇りの札幌です。

開館と同時にいらっしゃった男性から、

貴重な情報提供がありました。

「銀嶺の果て」という映画が、釧路の雌阿寒岳で撮影されたのでは?

という内容です。

(写真左手前が「銀嶺の果て」)

作品は、1947年公開の谷口千吉監督第1作目!

脚本は黒澤明、なんと三船敏郎のデビュー作品!!

音楽は、音更町ともゆかりの深い伊福部昭(「ゴジラ」で有名)!!!

これは、増毛・留萌ロケ「ジャコ萬と鉄」(49年)と同じ組み合わせ!

さっそく、ロケ地リストを作成した

ミュージアム理事の映画研究家・高村賢治に確認。

すると、「可能性はあるけど、証拠が見つかっていないんだ」との返事。

そうなのです。

ミュージアムに展示している400本余りの「北海道ロケ地リスト」は、

メンバーの独自調査によるもの。

映画のクレジットや、当時の新聞を探すなどして、

正確なものだけを掲載しているのです。

ですから、まだまだ記入漏れがあるかもしれません。

こうしたご意見を参考に、ロケ地リストを完成させていきたいと思います。

ちなみにこの男性、釧路ご出身。

奥様が千歳の映画館にお勤めだったということで、

「北海道映画興行銘鑑」(昭和37年、みやこ新聞社発行)

をじっくり読んでおられました。


(写真は当別、留萌ページ)

この本、当時の道内の映画館情報がぎっしり詰まっていて、

とても読み応えがあるのです。

「今度は妻を連れてきます」と嬉しいお言葉。

はい、お待ちしておりますね!

コメントは受け付けていません。