映画好きは自然と集まる

本日は、一段と冷え込みが厳しく、

早くも冬の気配を感じる札幌です。

さて、本日は嬉しいお客様が来館されました。

浦田久さんという方です。


お持ちくださった包みを開けると…


「キネマ旬報」の束! 1940~80年代のものまで、約40冊。

ここまで運ぶのも大変だったと思いますが…感謝いたします!

というのも、ミュージアムの目玉展示のひとつが、

戦後復刊号からの「キネマ旬報」コレクション。

活動の礎を築いた故・竹岡和田男さんの収集品を中心に、

約1,300冊並べているのですが、欠番の号を探していたのです。

今回、人づてのご紹介で連絡したところ、快諾くださり

ご自宅のコレクションからお持ち下さった、というわけです。


この浦田さん、根っからの映画好き。

昭和3年札幌生まれ、札幌工業学校卒。

昭和23年から市役所で勤務し、昭和60年に退職(当時北区区長)。

というご経歴ですが、

「こっそり東京に映画観に行ってさ、後で上司にばれて怒られたよ(笑)」

なんてエピソードがあるほど。

かつて札幌にあったミニシアター「JABB70ホール」のスポンサーになったり、

上映会を開いたり…と、個人的に映画活動を続けてきたそうです。


そんな浦田さんを囲み、さっそく映画談議に花が咲きます!

「無声映画時代から観ているんだ…」

「僕が初めて観た初カラー映画は『千人針』でさ…」

「当時の松竹座は前の方が畳でさ、靴を脱ぐから下足フダをもらうんだよね…」

などなど、思い出話が尽きない浦田さん。

昔の札幌の街並みを描いたご自身のシリーズ本

「さっぽろ 街かどの思い出・補追」も寄贈くださいました。


淡い水彩画とやわらかい文字から、

昭和30年代の札幌が浮かび上がります。

映画仲間も多いという浦田さん。

「映画好きって自然と集まるんだよね(笑)」との言葉にうなずく一同。

確かに、このミュージアムも、そんな人たちの熱意で実現したのです。

ミュージアムのこれからに関わるステキな提案もあり

大変充実した時間となりました。

ぜひ、ミュージアムで竹岡&浦田さん(一部、品田平吉さんもあり)

秘蔵の「キネマ旬報」コレクション、お手にとってみてください。

コメントは受け付けていません。