Sさんの映写技術者免許証

今日も、雲一つない秋空が広がる札幌です。

本日は、オープンと同時に 70代の8人グループがご来館。

展示品や映像を、心ゆくまで楽しんでおられました。

そして午前中、 先日お見えになった元映写技師Sさんが、

当時の免許証を見せに来てくださいました。

映写技術者の免許証? と、

意外に思った方もいるでしょう。

フィルムに燃えやすい素材を使っていた昭和初期まで、

映写するスタッフは、危険物第四種の免許が必要だったのです。

フィルムが燃えにくい素材に変わった頃には

免許はなくなり、現在に至ります。

写真の下(緑)の免許は、 当時の労働基準法に基づく「映写技術者免許証」。

映写の技能試験などで取得でき、

一級と二級(甲乙)があったそうです。

Sさんによると、一級は

アンプの真空管修理などもできる高度な技術が必要。

取得者は「技師長」として必ず劇場に一人はいたとか。

二級の「甲」は常設館、「乙」は移動式の映写ができたそう。

Sさんは、二級の「甲」でした。


ちなみに、黒い方は北海道発行の「映写技術者免状」。

火災事故が起きた時の 避難誘導や消火器操作などを学んだ証だとか。

フィルムが焼けて劇場が火事…なんてことが身近だった時代を感じます。

館内の映写機と記念写真を撮り、

当時を懐かしんでおられたSさん。

大切な思い出の品を、ありがとうございました。

* * *

後日、Sさんが この映写技師の免許について調べたことを

ご報告に来てくださいました。

北海道労働基準監督所によると、

発行していた免許証制度は 昭和42(1972)年に廃止。

フィルムが不燃性になり、

映写機も進歩して火災事故がなくなったためだとか。

この廃止に伴い、 北海道が発行していた

映写技術者免状も管理団体が変わり、

いつの間にか消滅したそう。

ちなみに、昭和42年は 札幌冬季オリンピックの開催

札幌市地下鉄南北線の開通の年。

活気あふれる時代の息吹を感じますね。

Sさん、何度も足をお運びくださり、

どうもありがとうございます!

コメントは受け付けていません。