「シネマの風景フェスティバル2012」を開催します

昨日、マスコミに発表したミュージアム開館一周年記念イベント

「シネマの風景フェスティバル2012」

何といっても一番の見どころは、全編9時間31分の超大作

「人間の條件」(1959-61年、小林正樹監督)の一挙上映!


人間の條件(C)1959 ‐1961 松竹

昨日の記者レクで、和田由美事務局長が

「サロベツ原野のダイナミックな当時の風景をぜひ見てほしい」と話す通り、

見応えバッチリの超大作を、一週間毎日、全編上映いたします。

ほかにも、北海道をロケ舞台にしたレベルの高い映画4本をチョイス。

◎札幌がキーワードの松本清張作品「点と線」(58年、小林恒夫監督)


点と線 (C)1958 東映

◎十勝を舞台にスターが大暴れする

「日本女侠伝・真赤な度胸花」(70年、降旗康男監督)


日本女侠伝・真赤な度胸花(C)1970 東映

◎札幌を舞台に生まれた快作

「ガメラ2 レギオン襲来」(96年、金子修介監督)


ガメラ2 レギオン襲来(C)角川映画NHFN1996

◎帯広を舞台にばんえい競馬を通じた男の再生を描く

「雪に願うこと」(2005年、根岸吉太郎監督)


雪に願うこと 2005

以上の4本を、日替わりのさまざまなタイムスケジュールで上映。

さらに、初日の9月1日(土)には、

「雪に願うこと」の根岸監督と田辺順子プロデューサー、

遠別町出身の映画評論家・品田雄吉さんをゲストに迎えます。

イベント開催中は、関連資料を展示する

「シネマの風景展」(入場無料)も開きます。

ぜひぜひ、この機会にお越しください。

****************************

「シネマの風景フェスティバル2012」

開催:9月1日(土)~7日(金)

会場:札幌プラザ2・5(旧札幌東宝プラザ、狸小路5丁目)

チケット:前売り・当日ともに1本500円、5枚回数券2,000円
※ミュージアム、道新プレイガイドで好評発売中!

上映プログラム:以下をご参照ください。


※「人間の條件」は、各回チケットが必要です。

※都合により、9月5日に予定していた「日本女狭伝」
最終回の上映(18:20~)は中止となりました。
申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

問い合わせ:ミュージアム(011-522-7670)
※午前10時~午後6時、月曜休館

コメントは受け付けていません。