「キネマ旬報」最新号は必読!

今日は穏やかな1日でした。

さて、最新号の「キネマ旬報」(11月上旬号)は

もうご覧になりましたか?

大変うれしいことに、

評論家の川本三郎さんがご自身の人気コラム

「映画を見ればわかること」(P66~67)の中で、

ミュージアムのことをご紹介くださいました!

川本さんは、2003年6月

ミュージアムのNPO法人設立記念上映会で

ゲストにお越しくださって以来、

ずっとこの活動を応援してくださっています。

9月17日のオープン記念上映会でも、

函館出身の大女優・高峰秀子さんの魅力を

思い出を交えながら語ってくださいました。

キネ旬のコラムでは、

和田由美事務局長、高村賢治理事、

故・山田昻さんを紹介し、

オープンまでの努力に光を当ててくれています。

札幌ロケ「探偵はBARにいる」や

釧路ロケ「挽歌」の話題を織り交ぜ、

川本さんの北海道に対する思い入れが

伝わるステキな内容です。

このコラムを通じて、

1人でも多くの方にミュージアムを知ってもらえれば。

北の大地と、

ここで生まれた映画に魅せられた人の輪が、

ますます広がってくれれば、こんなにうれしいことはありません。

コメントは受け付けていません。