編集マン・定居孝行さんと守分寿男さん

今日は朝から冷え込んだ札幌です。

さて、本日は、昨日ミュージアムにお見えになった

定居孝行さんをご紹介いたします。

定居さんは、

テレビの編集畑を歩み続けて約50年。

現在、フリーの編集マンとして活動されています。

編集の道に入ったきっかけは、映画。

あこがれだった映像の世界に携わりたいと、

18歳でHBC映画社(当時)に入社したとか。

聞くと、ミュージアムでご紹介している

演出家の故・守分寿男さんとも若い頃に仕事で知り合い、

家族ぐるみでお付き合いがあったそう。

守分さんとの最初の仕事は、

1961年のドキュメンタリー「いかを釣る少年」

当時、21、2歳だった定居さんは

4つ年上の守分さんと

「一緒に(作品を)作る雰囲気だった」と振り返っています。

その後も、「望郷」(79年)
「悠々たる天」(84年)
「林檎の木の下で」(89年)など

ドキュメンタリーやドラマを手掛けたとか。

守分さんとの最後の仕事は

「いのちの記憶~小林多喜二・二十九年の人生」(2008年)

「芸術祭大賞に選ばれて、守分さんはすごく喜んでいた。

私も嬉しかったな…」と懐かしげ。

守分さんとの仕事を

「長く一緒にやっているから、

台本を読めば彼の〝こだわり〟がわかる。

だからなるべくその通りにするし、

違うな…と思う部分は説得することもあります(笑)」とお話されていました。

編集のプロとして長年活躍する定居さん。

仕事へのこだわりを伺うと、

「編集は、撮影したロケ現場と視聴者の〝橋渡し役〟。

初めて見る人がどういう組み立てだと理解できるか、

という感覚を常に持っています」

とのことでした。

ミュージアムの会員として、

我々の活動も応援してくださっている定居さん。

彼の編集した作品のいくつかは

ミュージアムでも視聴可。

ご興味がある方は、ぜひご覧になってみてください。

コメントは受け付けていません。