元東映の今井良男さん来館!嬉しい再会も

街中、降り積もった雪で真っ白の札幌。

さて、新年オープン2日目の昨日、

嬉しいお客様がお見えになりました。

札幌にお住まいの今井良男さん。

1970年代の映写機を見て、

「キセノンは今時珍しいね」なんて声を掛けてくださったので、

ご職業を伺ったところ、なんと、東映の元社員だったそう!

出身地の釧路で採用となり、

ボーリング場、映画館、ホテルなどで勤務。

特に長かったのが、

当時、中央区南2西5にあった東映劇場。

地下と1階に劇場があり、そば屋や喫茶店まであったとか。

今井さんは30~48歳の18年間、

事務所でさまざまな仕事に携わったということです。

「正月は特にしんどかったな~休みがなくて」

そんな思い出話の中で、

「そういえば映画館によく顔出してた『高村』っていたな…」なんて名前が。

え!それは我々ミュージアム理事の

映画研究家・高村賢治ではありませんか?

「そうだ!元気か?」

なーんて盛り上がっているところへ、ご本人が登場。

約20年ぶりの再会、となったのです。

当時の思い出話で大いに盛り上がるお二人。

聞くと、今井さんは散歩の最中、

ふと思い立って、初めてミュージアムを訪れたそう。

この日、この時間が高村さんの当番だったのも、

偶然のタイミングでした。

なんだか映画の神様が、

というか、ミュージアムの神様がいるみたいですね。

新年早々のハッピーな出来事。

きっと今年は良い年になりそうです!

コメントは受け付けていません。