貴重な台本&スチールの寄贈がありました

今日は夏日!の札幌です。

さて、本日はミュージアムに貴重な寄贈がありました。

北海道ロケに関する映画の台本とスチール写真です。

お持ちいただいたのは、札幌にお住まいのNさん。

畜大生時代、映研に所属していたのが縁で

映画関係者と親しくなり、社会人になってからも

気に入った映画の台本やスチール、ポスターを集めていたそう。

寄贈くださった作品は、

「戦争と人間 第三部」(73年、山本薩夫監督)★

「馬喰一代」(63年、瀬川昌治監督)★

「ジャコ万と鉄」(64年、深作欣二監督)★

「大草原の渡り鳥」(60年、斉藤武市監督)。

★はスチール写真も多数お持ちくださいました!

う~ん、どれも見応え十分。

でも、こんな貴重なもの、よろしいんですか?

「持っていても捨てられるだけだしナ。

ほかにも100冊くらいあるから、また探してくるヨ」とのこと。

ありがとうございます!

聞くとこのNさん。

吉永小百合さんのファン(いわゆる、サユリストですね)で、

彼女の台本はすべて持っているとか。

秘蔵のスチールアルバムも、こっそり見せてくれました。

保存状態のよいスチールや台本からは、

映画へのNさんの愛情が伝わってくるかのよう。

その想いも一緒に受け取って、

大切に保管し、活用させていただきますね。

コメントは受け付けていません。