札幌出身の脚本家・横川僚平さんインタビュー!

札幌在住&出身の優れた作家を紹介する

シアターキノ20周年記念企画「札幌ディレクターズ」。

初日22日(日)は「からっぽ」(2011年、草野翔吾監督)が上映され、

札幌出身の脚本家・横川僚平さん、草野監督がゲストで登場しました。

右の方が、横川さんです。

「からっぽ」は、テレポート能力を持ってしまった

孤独な少年が自らの存在を見つめ直す人間ドラマ。

詳細は公式サイトへ。

舞台あいさつで横川さんは

「高校生の時、初めてシアターキノに来て

劇場で泣きました」と語り、思い出の映画館での上映を

喜んでいらっしゃいました。

これからの活躍が期待される横川さんに、

昨日、私が突撃インタビュー!

これまでの歩み、脚本作りのこだわり・・・

いろいろ伺いました。詳細は近く、

キノHP「注目!北の映像作家たち」にアップしますのでお楽しみに!

コメントは受け付けていません。