大西功一監督がご来館!

夏日の昨日、ミュージアムに

大西功一監督がご来館くださいました。

函館ロケ「とどかずの町で」(95年)の大西監督とは、

昨年12月の函館港イルミナシオン映画祭でお会いして以来。

当時の記事はコチラ

今回は、函館の映画祭でも上映された

沖縄県宮古諸島に伝わる唄にスポットを当てたドキュメンタリー

「スケッチ・オブ・ミャーク」の宣伝活動のため来道。

札幌、道南での上映を目指しているとのこと!

「何百年の歴史がある宮古島に

近代化以前の唄が残っていることが奇跡のよう。

語り部である老人たちも高齢ですし、

今のうちに記録する必要性を感じました」と話し、

「人が唄うことの意味、どこから唄はやってきたのか、など

今の時代にとって普遍的なものが描かれています。

ぜひ北海道の方にも観てもらい、

想いを共有したいです」とお話されてました。

せっかくの機会にサインもいただきました!

作品詳細は「スケッチ・オブ・ミャーク」公式サイトへ。

失われつつある地域の文化を記録として残すこと。

これも、映像の大切な使命のひとつでしょう。

ぜひ、札幌上映が実現しますように!

コメントは受け付けていません。