島田英二監督のキノ上映レポート!

先日も紹介しましたが、

7月22日からシアターキノでは、20周年を記念して、

札幌在住のクリエーターの特集上映が組まれています。

今日は、24日の島田英二監督作品集のレポートをご紹介します。

釧路市出身で、ショートフィルム作品が

世界中の映画祭で評価されている島田監督。

以前もミュージアムに来ていただきましたが、

笑顔が素敵な優しい方でした。

※ミュージアム来館時の記事はコチラ

この日は、20本以上あるフィルモグラフィーの中から

受賞作品を中心に8作品でラインナップが組まれ、

初公開の処女作「Hot Dog」や

稚内出身ユニットSE-NOのMVなどバラエティに富んだプログラム。

上映後、監督ご本人によるトークもありました。

左側が島田監督です。

南カリフォルニア大在学時の映画製作秘話、

各作品についての製作エピソード、

出来上がったばかりの新作、

今後の展望についてなどの話もあり、濃密な2時間でした。

観客の中には、北海道情報大学准教授を務める島田監督のゼミ生、

ご家族、出演された役者さんたちも来ていたようで、

場内には普段とは違ったどこか穏やかな空気が流れていました。

北海道に生まれた若き才能を応援したいと、

皆さんが思っていたのかもしれないですね。

島田監督が今後どう活躍していくのか。

北の映像ミュージアムも、その姿を追いかけていこうと思います。(柴田)

コメントは受け付けていません。