早川渉監督のキノ上映レポート!

札幌在住&出身の優れた作家を紹介する

シアターキノ20周年記念企画「札幌ディレクターズ」。

4日目の25日(月)は、

7月25日にちなみ、早川渉監督の処女作

『7/25【nana-ni-go】』 が上映されました!

早川監督は名古屋出身。

北海道大学に入学し、現在も札幌在住の映画監督です。

本作は、カンヌ映画祭で上映。さらに、テレビでも放映されており、

この日は、テレビ放映のために撮影された

監督インタビューも上映前に紹介されました。

上映後は、映画監督を志したきっかけ、

『7/25』の制作エピソードなどが話され、

会場は大いに盛り上がりました。

早川監督は、「北海道に来て農学を学ぶことで、

北の持っているチカラ、北海道の空気のようなものを

感じることができました」と、札幌で撮影する原動力、

北海道の魅力を語っていました。

観客の中には、『7/25』の脚本を担当された

荒木田真穂さんもおり、トークに参加するというサプライズも!

現在、次回作の構想を練っている最中だという早川監督。

ますますの活躍が、期待されます!(かとう)

コメントは受け付けていません。