キノ企画レポート!札幌ショートフェスト北海道セレクション

昨日に続き、札幌ショートフェストの話題をご紹介。

シアターキノ20周年を記念し、札幌在住&出身の

優れた作家を紹介した「札幌ディレクターズ」。

最終日の7月27日(金)に開催された札幌国際短編映画祭

(通称・札幌ショートフェスト)の北海道セレクションのレポートです!

多彩な8作品が上映されました。

最初に上映したのは、「GAKI 琵琶法師」。

横須賀令子さんの作品です。

墨絵を使った幻想的なアニメーションで、

音楽と融合した独特な世界観に引き込まれました!

★ちなみに、この横須賀さんの墨絵を使った
松井雅也監督のアニメーション「うごくえこよみ」が、
今年の札幌ショートフェストで上映されます。チェックを!

次は、2008年にサンダンスでも上映された

時代劇ミュージカル「花魁ノ詩」(小川亮輔監督)。

そして、「ナゲイレ」のくつした企画・黒田拓さん。

生け花をモチーフにしたシリアス&コミカルな内容に、

客席からは笑いがこぼれておりました。

また、「注意書き」の児玉潤二郎さん。

作品の経緯を語っておりました。

次は、「告白-Life is cinema」(芳井勇気監督)。

そして、「近すぎる空」のデニス・クインさん。

札幌で今後も活動したい想いを語っておりました。

次は、「おかえりいつか」の渡辺寿宣さん。

小樽を舞台にしたミュージックビデオです。

最後に、「び じょ」の蓑輪俊介さん。

トークの司会役の久保俊哉プロデューサーから

次作への期待が伝えられました。

今回ご紹介された8作は、どれも見応え十分!

機会があれば、ぜひご鑑賞ください。

第7回札幌国際短編映画祭は9月12日(水)~17日(月)。

詳細はコチラです。

コメントは受け付けていません。