オープンまでの道のり⑫~オープン&記念上映会!

本日は、不定期連載「オープンまでの道のり」の最終回。

いよいよオープン!

ミュージアム&上映会場の様子をご紹介します。

◆ ◆ ◆

2011年9月17日、活動の拠点となる「北の映像ミュージアム」が

入る「さっぽろ芸術文化の館」では、

オープニングセレモニーが開かれました。

これまでお世話になった方々、映画関係者の方々を招き、

華々しくテープカットで幕開け!

小檜山館長が、その喜びと感謝を語りました。

同じ日、狸小路5丁目の「札幌プラザ2・5」では、

開館記念上映会として

旧拓殖銀行の拓友会からフィルムの寄贈を受けた「大地の侍」と

「喜びも悲しみも幾歳月」を上映。

行列ができ、急きょ追加上映をするほどの人気ぶりに

我々スタッフも、嬉しい悲鳴を上げました。

映画評論家の川本三郎さんによる

函館出身の女優・高峰秀子さんの魅力を語るトークも実施。

北海道のロケ地としての魅力、映画の奥深さを

再認識するイベントになったと思います。

このイベントから一年が経った今年、開館一周年を記念して、

2012年9月に「シネマの風景フェスティバル2012」を開催します!

※イベント詳細はコチラ

北海道ロケの名作を、一人で多くの方と楽しみたいと思います。

コメントは受け付けていません。