李監督の北海道ロケ最新作が始動!

9月1日からのミュージアム開館一周年

記念イベント「シネマの風景フェスティバル」まであと9日!

問い合わせは断然『人間の條件』が多く、関心の高さを感じます。

さて、先日、北海道ロケ最新作のビッグニュースが発表されました!

クリント・イーストウッドの名作『許されざる者』が、

李相日監督、渡辺謙さん主演で、なんと時代劇としてリメーク!

その舞台が、北海道なのです!!

李監督といえば、先日シアターキノでお会いしたとき、

確かに北海道ロケへの意欲を語っていたばかり。

※そのときの詳細記事はコチラ

本当に北海道ロケが実現するとは、嬉しい限りです!

各報道によると、映画の時代設定は米版と同じ1880年。

江戸幕府が崩壊し、明治時代を迎えた北海道を舞台に、

アイヌ先住民と新日本政府との蝦夷開拓の歴史の中で

翻弄される男たちの姿を描くそう。

9月中旬に北海道でクランクイン、来秋に公開予定。

今年11月には、『のぼうの城』、『北のカナリアたち』と

北海道ロケ最新作の公開が続きますが、

来年の楽しみがまたひとつ増えましたね。

もちろん、ミュージアムは李監督最新作を応援いたします!

コメントは受け付けていません。