「北のシネマ塾」第4回も無事終了!

今日は快晴!

となりのホールでは子ども向けイベントが開かれ、

朝から親子連れでにぎわっています。

さて、本日は恒例イベント「北のシネマ塾」第4弾、

「さっぽろ映画館グラフィティー②

黄金時代(昭和30年代)の映画館」を開催しました。

午前中から北海学園大の学生さんが

お手伝いに来てくれて大助かり!

サクサク準備は進み、いざ本番へ。

トークするのは、ゲストの街並み画家・浦田久さんと

〝札幌の淀長さん〟こと佐々木純副理事長

そして、エッセイストの和田由美理事の3人です。

映画館の雰囲気を味わってもらおうと、

懐かしの8ミリ上映で幕開け。

内容は、「バンツマ」で知られる往年のスター

阪東妻三郎(1901~1953)の作品を紹介するもの。

皆さん、興味深げに見入っていました。

その後のトークでは、戦中から戦後にかけた

映画館と上映作品に関する思い出話が次々と披露。

お客さんからの質問やお話も飛び出し、

映画の黄金期を振り返る有意義な時間となりました。

詳細は改めてご報告いたします。

 

次回の「北のシネマ塾」は・・・

網走ロケ「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」(73年、山田洋次監督)!

我らが映画研究家・高村賢治理事が、

マドンナ・リリーの生き方について語ります!

乞うご期待。

コメントは受け付けていません。