明日から「シネマの風景フェスティバル」!

いよいよ明日から、北の映像ミュージアム一周年記念

「シネマの風景フェスティバル」が始まります。

1日から7日までの一週間、狸小路の札幌プラザ2・5を会場に、

北海道ロケの名作5作品を一挙上映!

初日は、以下の3作品を上映します。

◎「人間の條件」(1959-61年、小林正樹監督)


人間の條件(C)1959 ‐1961 松竹

◎札幌がキーワードの松本清張作品「点と線」(58年、小林恒夫監督)


点と線 (C)1958 東映

◎帯広を舞台にばんえい競馬を通じた男の再生を描く

「雪に願うこと」(2005年、根岸吉太郎監督)


雪に願うこと 2005

さらに、『雪に願うこと』の根岸監督&田辺プロデューサー、

遠別町出身の映画評論家・品田さんによるゲストトークも実施!

※上映スケジュールはコチラ↓

当日券は前売りと同じ1本500円。

どうぞお越しください!

コメントは受け付けていません。