函館ロケ地めぐり~前編

今日は仕事で函館出張。

せっかくなので、仕事の合間に

ロケ地めぐりをしてきました!

まずは、函館駅。

ここは、「夕陽の丘」(64年、松尾昭典監督)のロケ地。

石原裕次郎さんが函館に到着したシーンで、

50年前の駅舎が登場します。

駅の向かいにあるのが、棒二森屋デパート。

同じく「夕陽の丘」では、浅丘ルリ子さんがなんと、

このデパートの〝エスカレーターガール〟として登場!

当時、屋上にあった遊園地でのシーンもありますので、

函館好きにはオススメの作品です。

 

そこから徒歩で、函館山方面へ。

途中に通るのが、朝市です。

ここは、「海炭市叙景」(2010年、熊切和嘉監督)のロケ地。

地元の女性演じる老女が漬物を売るシーンで

協力いただいたのが、こちら。

ロケをお手伝いしたわたしにとっては、

感慨深い場所でもあります。

そうこうするうちに、金森赤レンガ倉庫に到着。

この辺は、

「ギターを持った渡り鳥」(59年、斎藤武市監督)

「居酒屋兆治」(83年、降旗康男監督)

「いつかギラギラする日」(92年、深作欣二監督)・・・

など、さまざまな作品に登場。

この日も、観光客の方々でにぎわっていました。

 

もう少し足を延ばすと、西部地区に到着。

この辺は、言わずと知れた観光名所。

そして、

「キッチン」(89年、森田芳光監督)に登場する元町公園、

「星に願いを。」(2003年、冨樫森監督)に登場する旧ロシア領事館、

「海猫」(2004年、森田芳光監督)に登場するハリストス正教会、

などなど、ロケ地スポットの名所でもあるのです。

ということで、次は市電で移動。

次は、函館ロケの最新情報などをご紹介します!

(後編へつづく)

コメントは受け付けていません。