品田コレクション整理を始めました

9月のミュージアム開館一周年記念イベントに

ゲストでお越しいただいた映画評論家・品田雄吉さん。

実は、雄吉さんが映画好きになるきっかけを作ったのが、

この実兄、故・品田平吉さんとのこと。

その平吉さんの遺した大量の映画コレクションを

ミュージアムでは保存しています。

先日、その品田コレクションの整理を始めました。

この日参加してくれたのは、北海学園大の学生さん3人。

最初の作業は、書籍の分類です。

図書分類法に基づいて分類し、シールを貼った後、

パソコンにデータを打ち込みます。

こうしておけば、検索する時に便利な上、

いつか図書機能を増やす時に活用できるのです。

実は、ミュージアムに置いてある

「シネマの本棚」の約300冊も、

「キネマ旬報」などの雑誌も、すべて分類済み。

竹岡さんのご自宅に所蔵している

大量のコレクションも、すでにその作業を終えています。

いつか、この数えきれない映画の〝宝物〟が

共有財産として公開・活用できる日を夢見て。

品田コレクションの整理に励もうと思います。

コメントは受け付けていません。