わっかない映画祭レポート④~阪本監督×品田さん対談(2)

稚内でも撮影され、11月3日に公開される

吉永小百合さん主演の最新作「北のカナリアたち」。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

公開記念の「わっかない映画祭」(10月6~8日)

レポート最終回第2弾。

「北のカナリアたち」阪本順治監督と

映画評論家・品田雄吉さんの対談は

ますます盛り上がります。

(以下、敬称略)

* * *

阪本/今度は僕がお聞きしたいんですけれど、黄金スターだった方たちっていろいろ苦労しつつ、今でも現役の方がたくさんいらっしゃいますよね。その中で、吉永さんだけ立ち位置が同じで、ずっと主演できている。

品田/そう、それがすごい。

阪本/品田さん的には、何がどうほかの方と違って、主演一本の道を歩いているのでしょうか。

品田/私は逆に、「それでいいのかな」という気もするんですよ。人間は、成長したり、衰えたり、変わるもの。その中で、なぜ彼女は変わらないんだろう、と。でも、すごいことだとは思います。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

吉永小百合を吉永小百合たらしめているのは一体何か。それは謎なんです。本人に聞いても答えはくれないと思います。今度の映画でも、一層感じました。「やっぱりこれは吉永小百合だ」というね。結局、強いのではないかと思います。今度の映画ではキスシーンもありますよね。

阪本/はい。

品田/そういうことがいわゆるサユリスト、ファンにとっては一種のショックになるかもしれないけれど、「これはこれでいい」・・・という言い方はおかしいかな。それでも吉永小百合なんです。その辺がちょっとすごいなと思います。で、いつまでそれをやるかを見届けたい。見届けるまでは、死ねないかな(笑)。

さて、阪本監督の話に戻りますと、前作の「大鹿村騒動記」は、わりと世界が見えているような原作ではないかと思います。今度は、ある種「冒険」「勝負」の要素が強かったのではないでしょうか?

阪本/「大鹿村騒動記」は、「村」というくらいですから、間口は狭い話でした。人口も1000人ちょっとの山間の小さな村を舞台に、そこで行われる歌舞伎を中心にした内容。予算的な規模も大きくなく、日数も二週間しかありませんでした。ですから、小さな村の小さな話だけれど、奥行きをなんとかとろう。それに、原田芳雄さん以下、芸達者な役者さんたちが必要だということでした。しかし、今回は間口も広いし、奥行きも求められている。

品田/年代的にも。

阪本/はい。取り組み方は自分なりに同じですけれど、風景・ロケ地の広大さという間口の広さ、20年間の空白を含めた奥行きの違い、それに「東映60周年」という・・・ね、です(笑)。

だから、「そもそもなぜ僕に、この企画がきたんだろう」というところに戻るんです。それこそ、野郎ばかり撮ってきた僕が、いきなり後ろから膝をカックンってやられた感じでした(笑)。

品田/でも、それは面白いチャレンジだと思われたんじゃないですか。

阪本/そうですね。不思議な感覚でした。実は、僕の生まれたところは、東映の映画館の真正面の場所。小さい頃、映画看板の前で撮った写真がたくさんあるんです。その僕が、東映の60周年をやるというのは・・・。

品田/不思議な巡り合わせですね。

阪本/はい、感慨深いものがあります。

品田/今度の映画で面白かったのは、子供たちが成長したとき、女たちが非常にしっかりしている点です。男たちが脆いというか・・・。

阪本/(笑)。

品田/その辺は、阪本監督が考えていることの表れなんでしょうかね。


(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

阪本/それは、役柄の担当もそうなっていたかもしれないですし、女性の方が強烈なものを見ている、傷が深いということもありました。また、それぞれが、吉永さんを前に芝居するということに緊張と、どこか喜びを感じていて、同性の方があれだったんですかね、芝居を交わす時に・・・。

品田/勝負!みたいな感じがあった気がします。それに比べて男たちは、森山未來ほか今売れ線の俳優さんをそろえているわりに、なにか力弱いというか・・・。

阪本/それは、品田さんの見方ということにしていただけると(笑)。役どころも、救われる役だったり、慰める役だったりしましたし。

品田/ええ、女たちの方が強い印象を受けました。これは、私の個人的な感想ですけれど(笑)。最初言ったことに戻りますけれど、そういう意味で、非常にこの映画は女性の力が潜在的にみなぎっているのかな、と感じます。その頂点と言ったらおかしいですけれど、そこに吉永小百合さんがいる。そういう映画になったのかなと思います。

阪本/「魂萌え!」を撮る時に、原作の桐野夏生さんから「男の理想で女を描かないでくれ」と言われました。「あとは原作をいくら直してもいい。男の理想で女を描くな」と。それがずーっと頭にありまして、今回も「これ、オレの理想じゃないよな」なんて考えながらやっていました。

品田/桐野さんのことは私も存じ上げていますけれど、好きな方です。「週刊文春」で映画の星とりとコメントを一緒にやった時期もあって、一種の親しみを込めてみています。あの人の書くものも素晴らしいですよね。そういうところが、どこか「北のカナリアたち」の女性たちにもつながるかな、というのはありますね。面白い話を聞きました。

司会/お話は尽きませんが、私から一つ質問を。今回、初めて開催した「わっかない映画祭」。これから続けていきたいと思っています。監督から見た映画祭、今後の可能性をお話していただけますか。

阪本/地方の映画祭はほとんど行っていると思います。その中で、なくなった映画祭もいくつかあります。結局、地域振興と映画振興のバランスが合わないところがなくなっていくんです。地域振興の意志が強すぎても駄目だし、映画マニアだけが自腹でやっても続かない。大変だと思いますけれど、うまくいっているところはそのバランスがいいんだなと思います。

それと、僕たち作り手がゲストで行くと、地元の方との関係が非常にフェアな映画祭は愛されて続いています。ぜひ、続けてほしいですし、僕たちも何かご協力できればと思います。僕の映画をかけてさえくだされば(笑)。

司会/ありがとうございます。品田先生には、映画祭はこうあるべきだいうものだということをご示唆してくだされば。

品田/それは一番難しいことで、簡単には言えないですね。でもね、映画祭というのは、続かないと意味がないんです。続けるのはしんどいことですけれど。その土地柄に根差したテーマを一つ絞って、それを芯にして辛抱強く続ける。単純ですがこれが一番難しい。思いつきでおやりになっても絶対続きません。根性を叩き込んで、「我々はこういう考えでやるんだ」と決めるといいと思います。

それは、稚内をどう結び付けるかでもいいし、たとえば、今回は吉永小百合さん中心ですけれど、女優を中心とした映画祭、みたいなことでもいいと思います。定評ができるまでは辛抱ですね。すぐに一般受けするという幻想は持たないほうがいいかな、と思います。頑張ってください。

司会/ありがとうございました。僕たちも辛抱して、小さく作って、大きく育てていく気持ちでやりたいと思います。(観客拍手)

* * *

吉永小百合さんと

ロケ地・北宗谷の魅力を語る対談。

いかがだったでしょうか。

稚内に行き、実行委員の方々と出会って感じたことは

「映画文化を絶やしたくない」という危機感と映画愛でした。

今後、利尻・礼文も含めたロケ地ツアーや

映画を軸にした地域振興の取り組みを計画中だそう。

今回の「北のカナリアたち」を追い風に、

過去の作品を含めて、稚内と映画の関係を

もっともっと深めていってほしいと願っています。

コメントは受け付けていません。