「星守る犬」のロケ地・名寄めぐり!~前編

名寄でロケされた2011年公開の

「星守る犬」(瀧本智行監督)をご存じですか?

同名漫画がヒットし、西田敏行さん主演で

映画化された話題作でした。

そのロケ地に立ち寄る機会があったので、

オススメのスポットをご紹介します。

ロケ地めぐりは名寄駅からスタート。

この日はあいにくの雨模様。

駅付近の案内マップで目的地をチェック。

まずは、「星守る犬」のモニュメントがある

望湖台自然公園を目指します。

車で移動すること約20分、入口に到着。

確かに、案内看板がありました。

道路をもう少し進むと、オートキャンプ場があります。

その反対側の広場の片隅に、

モニュメントが設置されていました。

西田さんと玉山鉄二さんの手形入り。

西田さん演じる主人公が、愛犬・ハッピーと

たどり着いた最終の地にふさわしく、

ひっそりとした雰囲気に包まれています。

案内看板の手作り感が微笑ましい感じ。

ストーリー的には悲しい場所とも言えますが、

市民の方が大切にしている様子が伝わります。

晩秋の小雨の中、次のロケ地スポットへ・・・

と、その前に、

映画ファンなら絶対行きたい場所へ寄り道。

道内最古、大正5年創業の映画館「第一電気館」です。

市内中心部にあります。

上映は午後からでしたが、入口は開いていて、

社長の奥様・高橋節子さんにお話を聞くことができました。

「昭和48年にリニューアルして、今は1スクリーン・168席です。

フィルム映写なので、いつまで続けられるか・・・」とのこと。

デジタル化の波が、こうした

地域に根差す映画館を苦しい状況に

追い込んでいることをひしひしと感じました。

でも、昔ながらの味わい深い雰囲気。

どうか、ささやかでも続けて行ってほしいものです。

(つづく)

コメントは受け付けていません。