後期第5回「北のシネマ塾」が終了

いよいよ雪が積もり、冬到来の札幌です。

さて、17日(土)には、後期第5回となる

「北のシネマ塾」が開かれました。

「大草原の渡り鳥」をテーマに、

ミュージアム理事で、北海学園大教授の

大石和久さん(写真右)がトークを担当。

大石教授は「北海道の映画を語る」と題し、

「渡り鳥」シリーズについて

「〝和製西部劇の舞台〟という北海道映画の特徴を持ち、

北海道映画を語る上で逃す事はできない作品」と説明。

公開時の1959~1960年は、

最も日本人が映画を観ていた日本映画の全盛期。

当時の時代背景を振り返り、主演の小林旭について

「石原裕次郎の次に登場したスターだった」と話していました。

残念ながら、私は芦別映画学校参加のため

立ち会えませんでしたが、

大学でも人気という大石教授の〝名レクチャー〟もあり、

参加者は思い出話で盛り上がったとか。

ぜひ、またご登場いただきたいところです。

さて、次回12月は、今年最後の「北のシネマ塾」。

12月14日(土)午後2時~

テーマは「駅 STATION」

トーク担当は和田由美事務局長です!

乞うご期待。

コメントは受け付けていません。