芦別映画学校レポート!①~ふるさとビデオ上映会

芦別市で毎年開催されている

「星の降る里芦別映画学校」をご存じですか?

今年で20回目を数える映画イベント。

映画作家・大林宣彦さんが

〝校長〟として訪れ、市民と交流を深めています。

さらに来年は、芦別で映画撮影も計画中!

というわけで、11月17&18日の2日間、

ガッチリ参加してきました。

そのレポートをご紹介いたします。

* * *

初日の17日(土)は小雨。

バスで到着したところ、ゲストの

シアターキノ・中島洋さんと同乗した偶然もあり、

実行委員と共に事務局へ。

駅に近い、中心部にあります。

中はこんな感じ。

入口に飾るサインなどがいい雰囲気を出しています。

奥には、「ふるさとビデオ」応募作品がずらり。

「これを今後どう活用するかが課題なんです」と実行委員の方。

確かに、ミュージアムでも同じ課題&可能性を抱えています。

その後、さっそく会場へ!

と言っても、会場の芦別市総合福祉センターは

少し距離があるということで、車に同乗させていただきました。

案内してくださった大西俊夫さん。

長年実行委員長を務め、現在事務局として奔走。

今回もいろいろお世話になりました。

さて、初日のメインイベントは、

ふるさとビデオ上映会&ウエルカムパーティーです。

※手前は2009年のトロフィー

この「ふるさとビデオ」とは、

「ふるさと」をテーマに誰でも参加できるビデオコンテスト。

予備審査で約10作を選び、公開審査会を経て各賞を決定。

3回目の1995年から毎年続けている

芦別ならではの取り組みなのです。

※20回目の今年は、歴代の大賞作品を

振り返る特別上映のため募集は休止しました。

会場に着くと、驚きの再会が!

札幌の茶木さんファミリーです。

昨年の秋、芦別映画学校のブログ記事を見て

ミュージアムにお越しくださって以来でした。

さらに、滋賀県(!)から参加の女性ともあいさつ。

大家有香さんです。

実はこの茶木さん(奥様)&大家さんは、

ふるさとビデオの大賞受賞者!

特別上映の機会に足を運ばれたそう。

確かに自分の作品がスクリーンで、

しかも、大林監督や市民の前で上映されるなんて、

滅多にない幸せな時間ですものね。

さっそく会場内へ。

そうして始まった芦別映画学校。

感動のふるさとビデオ大賞の上映会、

盛り上がるパーティーの模様は次回お伝えします。

(つづく)

コメントは受け付けていません。