「白痴」を調べに大学院生がご来館

皆さん、JR車内誌12月号はご覧になりましたか?

巻頭特集でミュージアムのことを知り、

旅の途中に立ち寄る方が増えています。

先日お越しになったこの女性もそのひとり。

釧路在住の通信大学院生、千葉映理子さんです。

高校で英語の教員をしながら、

日大大学院の通信制で学んでいるとか。

「比較文学のレポートの素材を探している時に、

JR誌で『白痴』を知って来ました!」とのこと。

「白痴」とは、1951年の黒澤明監督の札幌ロケ作品。

ドストエフスキーの原作を映画化した大作です。

ミュージアムには、監督直筆の手紙があるほか、

関連資料もいろいろ用意しています。

過去の名作を現在・未来につなげる

というミュージアムの趣旨にピッタリのお申し出に、

いろいろご協力させていただきました!

豊富な資料も映像も、活用されてこそ価値があるもの。

こうした方のためにミュージアムが今後も役立てば嬉しいです。

コメントは受け付けていません。