芦別映画学校がつないだ縁

11月に開催された「芦別映画学校」

その会場でお会いした方が先日、

ミュージアムにお越しくださいました。

札幌にお住まいの小島肇さんです。

小島さんは元自衛隊員。

札幌・真駒内の11師団の広報室長だった1990年、

「マドンナのごとく」(門奈克雄監督)の撮影に協力。

その時の資料を見せに来てくださいました。

これはなんと、スチールカメラマン特製のアルバム。

それは関係者でしか手に入らない、貴重なものですね!

主演の名取裕子さんや、自衛隊シーンがバッチリ。

「名取さんに敬礼の仕方を教えたのが私です」

などなど思い出話は尽きない様子。

小島さんはその後、個人でビデオ制作を続け、

95年、芦別映画学校の第1回目「ふるさとビデオ大賞」に

「ふるさと・ひと夏のメモリーズ」を応募。

見事大賞に選ばれます!

そうした経験を糧に、現在は自分史ビデオ制作などを

請け負う映像業を行っています。

後日、活動の原点ともいえる「マドンナのごとく」と

千歳ロケ「ベストガイ」(村川透監督)をご寄贈くださいました!

ありがとうございます。

小島さんの思い入れ深い北海道ロケ作品を、

ぜひミュージアムでご覧ください。

コメントは受け付けていません。