コトニ夢映画制作プロジェクト記者会見!脚本&サポーターを募集

ミュージアム理事で、シアターキノ代表の中島洋さんが

理事長を務めるNPO法人コミュニティシネマ・札幌によって

2005年から続く「子ども映画制作ワークショップ」をご存じですか。

札幌市内の地域を舞台に、中学生が短編映画を作り、

その成果を無料上映して発表する という取り組みです。

2011年は発寒地区、12年は円山地区で行われ、

完成した短編映画DVDがミュージアムに寄贈されてもいます。

そうしたこれまでの経験の集大成として、なんと、

劇場公開映画を作ることになりました!

舞台はズバリ、西区の琴似地区。

活動の中心はもちろん、中高生です。

昨日29日、その記者会見が行われたので、レポートします。

参加したのは、「コトニ夢映画製作プロジェクト」

実行委員長を務める久住邦晴さん(くすみ書房代表、写真中央)

副実行委員長の中島さん(右)、事務局の長野円さん(左)。

会見では、プロジェクトの経緯が説明され、

●3月15日までに脚本を市民公募すること

●制作予算600万円のため、サポーター(1口3000円)を募ること

などが発表されました。

詳しいスケジュールやスタッフなどは、

4月上旬の製作発表会見で発表するそう。

プロジェクトは、過去の活動による手応えから、

中島さんが琴似地区に呼び掛けたのがきっかけ。

「地域コミュニティと中高生による劇場公開映画製作は、

世界でも例がないはず。

2014年の札幌国際芸術祭を応援し、

札幌の未来を作る中高生に投資する気持ちで

市民の方のサポーター応募をお願いしたい」と中島さん。

琴似地区の商店街や町内会などで作る

「土曜はコトニ」実行委員会世話人代表でもある久住さんは

「琴似が映画に出ることを考えるだけでワクワクする。

琴似を広くアピールし、人が集まる効果も期待したい」と話していました。

脚本応募、サポーターなどの詳細は公式サイトへ⇒コチラ

ロケ地の宝庫・北海道の子どもたちによる

“夢”のような映画プロジェクトへ、ぜひご支援を!

コメントは受け付けていません。